うつ病は主に二つの傾向に分かれる

うつ病と言うのは、潜在的に誰もが患ってしまう可能性が高い病気ですよ。うつ病を抱えている方の多くは、刺激を受けたくないと思う傾向にあります。脳と神経は周りにある刺激物を危険な物だと判断をして、防衛的な生理反応を起こしますよ。目の瞳孔は小さくなり、刺激が入ってこない様に顔は下を向きになり、時には猫背になる事もありますよ。ただし中には、その内容を悟られない様に、逆に過剰な行動に起こす事もあり、普段の生活とかけ離れた行動を起こしている場合は、周りが注意を払う事が大切になります。

うつ病を患ったら軽い散歩から

うつ病を患っている方は、刺激を受けたくないために体を動かす事に抵抗感が出る可能性がありますよ。体を動かさない事によってリラックスができるのであれば、良い効果を与える事もありますが、長期に渡って体を動かさなければ血行が悪くなり、体の疲れが心に影響を与え、悪循環を作り出してしまう可能性があります。一日、10分でも外に出て、日に当たり散歩をする事によって、血液の循環が良くなり、心身に良い影響を与えてくれます。

周りが価値観上を高めて行く事も大切

過剰な期待と言うのは、重たい負担を与えてしまう事もありますが、人には他の人から言われると喜ばれる言葉が多くあります。うれしい、ありがとうなどの言葉もその一つであり、この様な言葉をかけてあげる事でも改善する効果が期待できる物ですよ。大丈夫、元気だしてと言う言葉は、負担を強めてしまう可能性があるため避けた方が望ましいですよね。人の笑顔は、見る人にも影響を与えるため、笑顔で話しかける事もポイントの一つです。映画などは、擬似的に生活環境とは違う刺激を取り入れる事も可能であるため、一緒に映画を見る事もお勧めですよ。

うつ病チェックは病院などでもしてもらえますが、最近ではインターネットを利用すれば自分でもチェックすることができます。