外壁のパネルは色あせる

最近の住宅は外壁は木造で骨組みをつくり断熱材を入れてパネルを貼ってできてしますので工機が昔よりも早く出来上がります。昔はコンクリートにペンキを塗っていたために、雨風にさらされているとペンキが剥げたりすることもあったのですが、最近ではパネル自体の色があせるということが多くあります。パネルの色落ちの状態になります。ペンキが一部剥げるといった部分的なものではなく、家のパネル全体が色があせるので目立つようなことはありませんが、古い色合いになります。

外壁を塗装してもらうメリット

そのため家を購入した際には、定期的に外壁の塗装を建築会社等から勧められます。色があせてしまうこともありますが、使用しているパネル自体が劣化してくる年数も考慮してのアドバイスになります。昔のようなコンクリートという強いものではないために、色あせと同時にパネル自体に劣化が見え始め、パネルに傷がついて穴が開いていたり、亀裂が入っているということもあります。外壁塗装を定期的に実施する意味合いとして外壁の色を塗りながら、パネルに異常がないかを確認することができる点もあげられます。

家を長持ちさせるためにも大切な外壁塗装

穴が開いたパネルから雨水が入ると、断熱材が腐ったり落ちたり、また家の骨格を構成している木材を伝って雨漏りを発生させたり、木材そのものを腐らせて家を弱くすることも考えられます。それほど、外側のパネルの定期点検は重要になります。ただ自分で家の2階部分の外壁パネルを見れないと思うので、それを塗装業者にやってもらえるというメリットも外壁塗装にはあります。また色をパネルに塗ることでパネルの厚み自体も増すために強度が強くなるというメリットもあります。

外壁塗装の相場というのは、適正価格で施工を行っているかどうかを判断する上で重要な目安となり、業者選びを行う際に役立ちます。